2013年06月30日

水戸 1-3 モンテ

6/29(土)

昨日は久しぶりの現地観戦。上野発15:00のスーパーひたちで水戸着16:06。水戸発16:20のシャトルバス(所要時間約30分。480円)でスタジアム入り。18:00キックオフ。戻りは水戸発21:27のスーパーひたちで上野着22:36でした。

スタジアムは再入場可能。グルメは写メし忘れましたが、注文を受けてから焼き始めるホットドッグ(300円)が美味しかったです。

アウェイゴール裏は芝生。太鼓の稽古後だったため到着が遅くなり、場所取りに苦労しましたが、高さはないものの、十分見られました。

130629_1856~0001.jpg

スタメンは、6/25(火)の練習中に負傷し離脱した西河(右腓腹筋肉離れ。全治約4週間)に代わり作田。その他は前節と同じ:


林 中島
伊東 秋葉 ロメロ 比嘉
中村 作田 堀之内 山田
常澤


交代:
@46分 堀之内out/石井in
A64分 比嘉out/山崎in
B74分 山田out/石川in

開始早々、相手にレッドカードが出て数的有利に。でも、これが試合を難しくしました。相手のやることは一つ、守ってカウンターとわかってはいるのですが、こちらが攻撃に転じたとき、どうしても攻め急いでしまって良いリズムを作り出すことができませんでした。

29分、鈴木隆行にループシュートを決められ、先制を許します。

44分、エリア内で相手にハンドがあったとのジャッジでPKをもらい、林が決めて同点。

この記事を書いている時点でスカパー!の見逃し配信をまだ見ていないのですが、誰が見ても明らかにPKなのか、もしくは、審判によっては流す人もいるよね的なものだったのか、気になるところです。でも、このPKがなければ危なかったと思います。攻めあぐねたまま、流れをこちらに持ってこれなかったかも。

48分、ゴール裏からは何が起こったのかわからないまま、鈴木隆行が一発レッドで退場し、相手が9人に。(この場面も見逃し配信で復習しなければいけません)

膠着する中、ともに負傷離脱から復帰した山崎、石川を立て続けに投入。これが効きました!

77分、石川の右CKから中央で混戦した後、山崎のゴールで逆転!

80分、林のヘディングシュートで追加点!

一人のサッカーファンとしては審判(※)にゲームを壊された感がなくもない試合ですが、何とか勝つことができました。久しぶりに、本当に久しぶりに、ブルイズとスポーツ県民歌も歌えて、満足ですし、竜さん&ざきさんの復活が嬉しくてたまらないのですが、すっきり快勝!とはちょっと言いにくいかなと思います。水戸の本間幸司が言うように、もう一回11対11で対戦するのが楽しみです。

※後で調べたら主審は池内明彦氏でした。柱谷哲二監督のコメントを見ると、水戸の選手たちが精神的に未熟と結論付けているようなのですが…

未熟です。それ以外に何もありません。選手をかばうつもりは一切ありません。それはレフェリーが決めることです。


<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
柱谷哲二監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 23:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンテ 4-1 松本

6/22(土)

スタメンは、14節以来の比嘉復活!その他は前節と同じ。ポジションは比嘉が右SHで、勝がボランチに戻った形:


林 中島
伊東 秋葉 ロメロ 比嘉
中村 西河 堀之内 山田
常澤


交代:
@67分 比嘉out/廣瀬in
A78分 山田out/小林in
B89分 伊東out/作田in

8分、怪我から復帰し、前節はベンチ入りも出場機会のなかった比嘉が、いきなり決めました!左サイドで中島とのワンツーから中村が中央にクロスを上げ、林と相手DFが競り合い、こぼれてきたところを比嘉がダイレクトで左足を振りぬき、先制!

img_2013062300402.jpg

陵平君(林)がニアで競ったので、絶対こぼれてくるだろうと思って、こぼれてきたボールを立ち上がりだったので思いきって蹴りました。いいところにボールが飛びました。ボレーで決めることもあまりないですし、しかも左足で、自分でびっくりしました。練習でもあまりないゴールなので。まあでも最初なので、思いきって打とうと思ったので、それがよかったです。たまたま今週の月曜日か火曜日にボレーの練習があったので、もしかしてそれが生きたのかも。練習の成果かもしれないです。『出るなあ』と思って、こういうところに


pg2013j22011.jpg

いいプレーをするということだけを意識して試合に入りました。以前、怪我してしまったのはしょうがないので、怪我する前よりいい状態で戻れるように意識していました。チームは攻撃でいい形がつくれていたし、それにしっかり入って流れを崩さないようにしようと思いました。自分が意識したのは攻撃しているときのバランスです。もしボランチが2枚とも出てしまっているときとかは内に絞って、全員が前がかりになりすぎないようにバランスを意識して、ポジションを気にしてやりました。


50分、相手右サイドをワンツーで突破され、一度は堀之内が身体に当てますが、こぼれ球を押し込まれて失点。

57分、中央ロメロからのおしゃれパス(浮き球)に伊東が息ぴったりに飛び出し、そのまま持ち込んで追加点!

62分、左サイド中村からのクロスを中島が頭で折り返し、林がヘディングで決め追加点!

80分、左サイドでセカンドボールを拾った伊東がドリブルで持ち込み、クロス。相手DFの中途半端なクリアをロメロがすかさずシュート。そのこぼれ球を林が冷静に押し込み追加点!

これまで、試合を優位に運びながらも終盤に逆転または同点とされるゲームが多かった中、ようやくすっきり勝てました。

実はこの試合が行われた週末は、太鼓の合宿で箱根にいました。合宿2日目(日曜)の朝に携帯で結果を確認し、勝利と比嘉の復活&得点にテンションを上げて残りの練習を乗り切れたことは言うまでもありません。

ちなみに、松本の反町監督のインタビューが面白かったです。最後の部分だけ抜粋しておきます:

その自分の持ってる個性とチームのスタイルがうまく合致しているような今日のゲーム展開だったかなと思いますね。だからそういう意味では、今日は奥野も相馬も、多分ニコニコして酒を飲めると思いますよ。


<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトギャラリー@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
反町康治監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 22:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬 2-2 モンテ

6/15(土)

スタメンは13節以来のバズ復活。その他は前節と同じ。ポジションは右SHに勝:


林 中島
伊東 宮阪 ロメロ 秋葉
中村 西河 堀之内 山田
常澤


交代:
@46分 宮阪out/廣瀬in
A66分 山田out/萬代in

前半だけで交代となってしまったバズ。残念ながらそれも仕方がないかな…と思わせる出来でした。

前節とは逆に、0-2から2-2に追いつけただけ良かったです。

林のゴール後のパフォーマンスはあまり好きになれないというか、これまでのモンテ選手にはいなかったタイプなので浮いている気がするのですが、さすがに0-2でビハインドしている状態からの得点ではやらないらしく、ほっとしました。

得点シーンは、左サイドから勝が難しい体勢ながらもクロスを上げ、ニアで林が右足インサイドにあてて、決めました。二人ともよくやった!

同点に追いついた場面は、右サイド廣瀬からのクロスを堀之内が(大雨の演出があったからかも知れませんが)執念で決めたように見えました。スルーしてしまいそうな萬代の働きに言及したコメントも含めて、頼れるベテランという感じです:

アディショナルタイムの同点ゴールは、廣瀬が良いボールを出してくれたのでゴール前で合わせるだけだった。萬代が相手を引きつけてくれていたので、自分がフリーになることができた。チームのみんなで取った得点だった。引き分けに追いつくことができたが、守備として2失点をしてしまったので悔しい気持ちが強い。次は守備でもしっかりと抑えてチームの勝利に貢献したい。


J's Goalのレポートを読むと、試合後にブーイングが起きたそうです。「群馬側でしょ?」と思ったらモンテ側に。気持ちはわからなくないですけど、一応アウェイで勝ち点1を取れたわけだし、少し厳しすぎるのではないかなと思いました。

それと、人んちの話ですけど、群馬の記者のベンチ批判がかなり厳しいなと感じました。勝てないとこうなっていくのかもしれません。明日はわが身です。

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
秋葉忠宏監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 19:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンテ 2-2 徳島

6/8(土)

小林監督率いる徳島とのホーム戦は、2節前の京都戦を彷彿させるような、試合終了間際での2失点で、勝てた試合を落としました。

スタメンは、前節負傷により前半途中で退いた山崎に代わり廣瀬。その他は前節と同じ:


林 中島
伊東 秋葉 ロメロ 廣瀬
中村 西河 堀之内 山田
常澤


交代:
@60分 廣瀬out/石井in
A91分 伊東out/萬代in

39分、中央で相手の足元でのトラップを狙いすまして奪取した秋葉から、中島が冷静に決めて先制!

80分、中村の左CKからニアにフリーで走りこんだ西河がダイビングヘッドで決めて追加点!この場面、いつもはキッカーに注目しがちですが、ピンポイントで西河を見ていました。その予想がずばり当たり、見事にゴールが決まったので鳥肌が立ちました。

しかし、その5分後の85分にFKから、更に87分にCKから失点し、2-2で試合終了。試合全体を通して主導権を握っていたし、中島と西河のゴールが良かっただけに、本当に悔しい、負けに等しい分け試合となってしまいました。

気になったちゃん投入でシステムを4-1-4-1に変更した場面については、奥野監督が意外にも明確に説明していたこと、そして同じようにピッチに立っていても選手によって受け取り方が異なっていることが面白いです。まずは監督の言葉:

後半に入ったときにまた風が強くなって、風下で、なおかつフォワードにパワーのある選手、高さのある選手が二人、56分からキム ジョンミンに代わってドウグラスが入ってきました。そういったところで、ディフェンスのセンターバックとボランチの位置との関係が、少し距離が空くようになりましたね。当然、相手のロングボールに対してセカンドボールを拾うということが必要になってきます。そこで安心して後ろがラインを高く押し上げたりできるように、高さもあって、運動量もあって、声も出せる石井君をそこに投入しました。


次に勝の言葉:

正直、4-1-4-1は練習ではそんなにしていないですけど、試合でちゃん(石井)が入ってという形は何試合か前にしていたので、特に僕はそんなに違和感はなかったですけども、後半、攻撃で足が止まってしまったので、守備だけはやらせないようにというのは自分の中ではありました。


次に山田の言葉:

陣形を気にしすぎて、うまくスペースをカバーできなかった。


この違いは経験によるものなのでしょうね。今回のコメントで監督の采配の意図がわかりましたし、若い山田もこれから経験を積んでいけば、勝のようにスムーズに戦術理解ができるようになり、臨機応変に対応できるようになるのだと思います。

最後に光平さんの言葉。古巣山形でプレーした印象を聞かれて:

試合でも拍手してもらえるし、すごいありがたいなと思って。(まだまだ人気があるのでは?)いや、僕の人気じゃないでしょ。(小林)伸二さんでしょ。


いやいや、光平さんもいまだにみんなに愛されていると思います。

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトギャラリー@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
小林伸二監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 17:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉 1-3 モンテ

6/1(土)

6月はJ1が中断、J2が土曜開催。この日も稽古の後、フクアリに行こうかと思っていましたが、前節さとけんがイエローカードを2枚もらっていることが判明。気づいたのは、千葉のHPのトップが、前まではさとけんだったのに、別の人に変わっていたことから。これでモチベーションが下がってしまい、スカパー!観戦にしてしまいました。でも、この結果と内容なら、現地に足を運んだ人は勝ち組ですね。


林 中島
伊東 秋葉 ロメロ 山崎
中村 西河 堀之内 山田
常澤


交代:
@17分 山崎out/廣瀬in
A82分 山田out/小林in
B94分 伊東out/作田in

15分、左サイド、伊東のフリーキックから、堀之内が頭で合わせて先制!

57分、左サイド、味方(伊東?)からの危うくパスミスになりそうな球をロメロがうまくコントロールし、スペースを見つけると、思い切り良くミドルを放つ!しかし、惜しくもポストに跳ね返され、そのこぼれ球につめた林が、エリア内で倒されたとの判定でPKを獲得。

59分、林自ら決めて2-0

62分、相手右サイドからクロスを上げられ、頭で合わせられ、常澤がいったん弾くも、つめられて失点。2-1

67分、追い上げムードで前がかりになっていた相手守備陣の一瞬の隙を突いて、伊東がゴール!これはモンテでの初ゴールだそうです。

その後の千葉の攻撃を抑え、3-1で敵地での勝ち点3を得ました。

走り負けない。球ぎわも厳しく行く。絶対に勝つという気持ちが全員からあふれている。―私の中での今季ベストゲームでした!

相手の中盤にさとけんがいたら、また違った結果になっていたと思いますが…。似たようなことを勝も言っていました:

今日はみんなが球際で戦えていたと思います。前節はリードしたあとに引いて相手に押し込まれるところがあったんですけど、今日は(林)陵平が『引くな』」と言っていたし、ホリさん(堀之内聖選手)からも『押し上げろ』という声が出ていました。今日はとりあえずボールに行くことを大事にしていて、行けなくなったらみんなで声を出して行こうという話を試合中にしていました。今日の千葉は(佐藤)健太郎くんがいなかったので、それが良かったと思います。ウチのFWが中盤に下りてきても前を向けたし、スペースがあったので中盤の間で受けたりして、そのスペースを使えていました


<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
鈴木淳監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 16:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンテ 1-2 京都

5/26(日)


林 中島
伊東 堀之内 ロメロ 山崎
中村 ジュヨン 西河 山田
常澤


交代:
@68分 山崎out/石井in
A73分 ジュヨンout/萬代in
B77分 伊東out/ボムヨンin

20分、常澤のファインセーブで先制点許さず。

44分、中島がドリブルで持ち込み、相手DFとGKのタイミングをうまく外して、冷静にゴール。

しかし、終了間際の87分と94分に連続して失点。

大勝した後の大事な試合、ホーム6,811人の前で逆転負けしてしまいました。

1失点目は相手(久保裕也)の技術が高かったので「お見事」と言うべきかなと思いますが、2失点目は勝ち試合を首尾よく終わらせるために投入されたであろうDF石井のミス。ゴールライン際で簡単に身体を入れ替えられてマイナスのラストパスから失点とか、本当に見たくないシーンです。この日、私が言いたかったことは、中島が代弁してくれていました:

今日に関しては、1-0でいいという考えが試合にちょっと出てたと思いました。あれを1-0じゃなくて2-0にするという強い気持ちでもっと前に前に行けたらよかったかなと思います。


<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトギャラリー@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
大木武監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 15:23| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥取 0-6 モンテ

昨日は久しぶりにモンテを観ることができました。太鼓の稽古の後、タイトなスケジュールと疲れと眠さに負けず、水戸まで行った甲斐がありました!

リーグ前半戦を終えた6月最終日、たまりにたまったモンテ日記を地道にアップしていきたいと思います。

まずは、5/19(日)の鳥取戦(A)から。この日はIrvineから帰国した日で、成田に着いた頃には既に試合が終了していました。地上で最初に見たCメールは妹からのもの。ちびまる子の友蔵みたいな五七五で報告してくれました:

「帰国日に モンテは勝った 6-0で!!!」


Wow! Unbelievable!


林 中島
伊東 堀之内 ロメロ 山崎
中村 ジュヨン 西河 山田
常澤


交代:
@63分 山崎out/萬代in
A69分 堀之内out/石井in
B85分 中島out/ボムヨンin

得点:
@12分 西河
A22分 林
B58分 林
C60分 山崎
D66分 萬代
E91分 西河

↑こういう書き方は完封で勝ったときしかしませんが。笑

前回よりも更に手抜きで、妹のサッカーノートを写メして貼っちゃいます!

HI3B0021.JPG

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
小村徳男監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 13:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする