2013年07月30日

ワンオクとホルモンキー

久しぶりに音楽記事の投稿です。

先月の中旬から半月ほど、お客様のサイト(国分寺)に毎日通っていました。いつもと違うラッシュ時の京浜東北上り〜中央線下り。約1時間の"ことりっぷ"を満たしてくれた音楽がONE OK ROCKの【人生×僕=】でした。

130730_1908~0001.jpg

実は数年前にTAMACUNさんにオススメしていただいていたのですが、そのときは、「Linkin Parkみたいですね...」ということでyoutubeの動画を1回見て終わりでした。

ところが、今年になって、なんとなくタワレコで視聴したこのアルバムがすごく良くて、買ってしまいました。それから今日まで、毎日、ずーっとリピートで聴いてきました。



ライブも観てみたいな〜と思っていたら!

RIJF13 ホルモンと同日じゃないですか!!

今週金曜、ひたちなかで体感してきます♪

次、ホルモン



明日発売の5枚目のアルバム【予襲復讐】を本日購入!

130730_1907~0001.jpg

※裏ジャケの写真は載せられませんw

今日からしばらくの間、ホルモン三昧の予定です♪

そして、イエローモンキー

130730_1906~0001.jpg

ホルモンと同じく明日、ファン投票によるベストアルバム【イエモン-FAN'S BEST SELECTION-】が発売されます。もちろん、初回盤を本日購入!



フェス後の落ち着いた状態で、じっくり聴こう&観ようと思います♪
posted by nmf at 22:18| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

モンテ 3-0 千葉

7/14(日)ホーム千葉戦。県民応援デー。でん六様プレゼンツマッチ。

先発に変化あり。常澤から清水、山田から小林、廣瀬から山崎:

林 山崎
伊東 秋葉 ロメロ 中島
中村 作田 堀之内 小林
常澤


交代:
@67分 山崎out/萬代in
A67分 小林out/廣瀬in
B76分 堀之内out/石川in

鳥取戦のファンブルはあったものの、その他の失点はとっきー一人の責任じゃないと思っていたので、びっくりしました。しみけん復活の意図として、奥野監督曰く:

「後ろからコーチングがあって、またビルドアップにも参加できる、そういった部分を一番評価してます。常に90分間、声を出し続けて、味方を鼓舞し続けてくれる選手です」


とのこと。ビルドアップに関してはそうかな?と思いますが、コーチングについては確かに。でも、非常に悔しい先制点献上のシーン(※)では、しみけん含め、ピッチ上の誰も声がけできていなかったそうです:

「これだけセットプレーでいま失点が続いているなか、ベンチからみんなコーチングスタッフはじめサブの選手、叫んでくれてましたが、中でそういった声が発揮できていたか、みんながボールウォッチャーになってつられてなかったかというのは、もう本当に反省しなきゃいけない」


※勝が犯したファウルに対し、審判に文句を言っている間にリスタートされ、失点。リスタートした山口本人が右サイドに大きく展開した後、ゴール前に駆け上がり、リターンをもらってゴール。解説の越智くんが「大きなワンツー」と表現していましたが、まさにそのような、さすが元ガンバのベテランが起点となった、したたかで鮮やかなゴールでした。「またガンバのこずるさにやられた!」と2010年の石川県での試合を思い出しました。でも、このこずるさ、南米みたいでうらやましいです。

その後、またもセットプレーから失点。前節までの教訓が活かされていない!

更に、失点を重ねます。失意の中、だんだん書く気が失せてきたので円さんのテキストをお借りします:

86分にはケンペスがタッチライン際のボール処理をミスした作田と入れ替わってフリーで持ち込み、決定的な3点目を


献上してしまいました。

10,020人が見守った、でんちゃんプレゼンツマッチでの完敗。。

日刊スポーツによると、試合後、居残った100人のサポと、中井川GMと奥野監督による話し合いが行われたそうです。同じく日刊報知によると、コアサポから監督解任を求めるコールもあったとか。でも、ここ数試合の失点の仕方は、監督がどうのというよりもピッチ上の選手たち自身の問題だと思うので、やめろコールはちょっと理解できません。

次もホームです。これをプレッシャーととらえるのではなく、心強い後押しと感じて選手たちには闘ってもらいたい。なので、ゴール裏の我々も、こういうときこそ一枚岩とならなければ!と思います。

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトギャラリー@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
鈴木淳監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 18:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎 2-1 モンテ

7/7(日)アウェイ長崎戦。

スタメンは石井から堀之内に変わったところ以外は前節と同じ:

林 中島
伊東 秋葉 ロメロ 廣瀬
中村 作田 堀之内 山田
常澤


18分、伊東→山田→勝→中島と繋いで、中島が相手のマークをうまくずらして流し込み、先制!

しかし、32分と36分、どちらもCKから失点し、あっさりと逆転されてしまいます。

60分、廣瀬in/山崎out
60分、山田out/石川in
74分、中村out/比嘉in
※交代のときのたいちゃん、態度良し。ピッチにぺこり。

球際での競り合いも、セカンドボールに対する執着も、長崎が上回っていました。それで、セットプレーから簡単に失点してしまったのですから、スコア上も、試合内容も完敗と言えると思います。前節の鳥取戦に続き、1巡目は勝った相手にリベンジされてしまいました。。

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
高木琢也監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 17:19| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンテ 2-3 鳥取

嗚呼、3連敗。。

このままだとシーズン終了までアップできなそうなので、気持ちを切り替えて投稿したいと思います。

まずは、水戸ちゃん戦から中3日で行われた平日のナイトゲーム。7/3(水)ホーム鳥取戦。スタメンは、前節の比嘉から廣瀬、堀之内から石井に変えた布陣:

林 中島
伊東 秋葉 ロメロ 廣瀬
中村 作田 石井 山田
常澤


21分、ロメロと作田のお見合いから相手にボールを奪われ、先制点を許します。

42分、左サイド中島からのロングボールを林が胸でトラップ。相手2選手と混戦しながらも、得意の左足で同点弾を流し込みました。

45分、右サイド山田からのセンタリングをニアで伊東がダイレクトで合わせ、逆転!

先制はされましたが、前半のうちに追いつき、逆転するという最高の運びでした。ここまでは。

しかし、52分、雨の日にGKがやってはいけない痛恨のミス。ファンブルで同点とされてしまいます。

55分、廣瀬out/山崎in

66分、右サイド、山田と伊東が二人で囲もうとしますが、圧が足りず突破され、上げられたクロスから放たれたシュートをいったん防ぎますが、こぼれを押し込まれて逆転されてしまいます。

68分、山田out/石川in

84分、作田out/萬代in

モンテHPのゲームレポによりますと、最後は2バック状態で猛攻しましたが、ゴールならず、逆転負けとなりました。

この試合は第22節。つまり、シーズンの折り返しとなる大事な試合でした。前期は6-0で大勝した相手に、あっさりとリベンジされてしまいました。

せっかく奪取してマイボールにしたのに、その直後のミスから攻守の切り替えが間に合わずカウンターを食らって失点とか、どうにかなりませんのかしら??

この日もスカパー!オンデマンド観戦でしたが、平日の夜、しかも雨の中を懸命に応援していた現地サポ5,128人を思うと、本当にいたたまれない結果でした。

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトギャラリー@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
小村徳男監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 16:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする