2013年12月27日

モンテ 0-0 東京V

11月24日(日)に行われた最終節(第42節)ホーム東京V戦。

相手のヴェルディもプレーオフ進出を逃していて、かつ、この時点で退団する選手は発表されていなかったため、モチベーションの矛先が見当たらない試合。奥野監督と相馬ヘッドコーチの退任はリリースされていましたが、私個人としては、ただただ、ホームのサポに最後くらいはブルイズを歌わせてあげてほしいと思いながら、見守っていました。しかし、結果はスコアレスドローでした。

スタメン:
萬代 中島
山崎 秋葉 ロメロ 宮阪
中村 ジュヨン 西河 山田
常澤


交代:
59分: 山田out/堀之内in
65分: 萬代out/大久保in
75分: 山崎out/石川in

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトギャラリー@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
三浦泰年監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル

G大阪戦川崎戦を経て、この東京V戦を終えて思ったことは、J2レベル(巻・高原)にはやられないけど、J1レベル(宇佐美・大久保)にはやっぱりやられちゃうってこと。そして、我々のフィニッシュの精度も結局はJ2レベルなんだということ。

でも、ロメロが言うように、奥野監督との2年間は、これまでと違って攻撃サッカーを目指してこれたので、見てる側も楽しかったです:

勝たなきゃいけない試合を引き分けたり負けたりしていたので、そういうところで悔いが残る今シーズンでした。でも攻撃でいうとすごく楽しかったし、これも来年続けることが大事だと思うので、続けたいと思います。奥野さんのもとで、すごく楽しかったです。攻撃的なチームだったし、自分も攻撃的なのですごく合っていたと思います


既に始動していますが、これから石崎監督がどんなサッカーをするのか、この2年で築き上げたスタイルをどう進化させるのか、とても楽しみです。
posted by nmf at 22:35| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[天] 川崎 2-0 モンテ

11月20日(水)に行われた第93回 天皇杯 第4回戦の川崎戦。

等々力に行ってきました!

131120_1946~0001.jpg

3年前がとても良い思い出なので、今回も行けそうな気がする!と勝手に思っていましたが、そう甘くはなかったです。

試合の大部分はモンテが支配していました。中2日とは思えない走力で。でも、少ないチャンスを確実にものにする決定力、そこにつなげるボール奪取やパスの精度など、一つ一つのところで技術が上だなと思いました。このままJ2にいたら、どんどん離されていってしまうよ...とも思いました。おこがましいかも知れませんが。

スタメン:
萬代 中島
山崎 秋葉 ロメロ 宮阪
中村 ジュヨン 西河 ボムヨン
常澤


得失点経過:
44分: [川崎] 大久保
77分: [川崎] 大久保

交代:
64分: 山崎out/大久保in

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
風間八宏監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@NHKスポーツオンライン
posted by nmf at 21:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪 3-2 モンテ

11月17日(日)に行われた第41節アウェイG大阪戦。

ガンバにホームでJ2優勝を決めさせてしまいました。遠藤と今野が代表でいなかったのに。と同時に、もうわかっていたことですが、昇格の可能性が消えました。

でも、内容的に負けてるとは思わなかったです。フィニッシュの精度と個人技が、J1クラス(宇佐美)かJ2クラス(我々)かの違いだけのような気がしました。それが十分に大きな違いなのですが。。

スタメン:
FW: 山崎、萬代
MF: ロメロ、石川、秋葉、宮阪
DF: 中村、ジュヨン、堀之内、山田
GK: 常澤

得失点経過:
14分: [G大阪] 宇佐美
19分: [モンテ] 萬代
22分: [G大阪] オウンゴール
68分: [G大阪] 宇佐美
78分: [モンテ] 萬代

交代:
56分: 山田out/大久保in

それにしても、J'sの【各選手コメント】にはむかつきました:

※現地担当の都合により、山形の選手コメントはございません。誠に申し訳ございませんが、ご了承ください。


はぁ??って感じです。自分たちさえよければそれでいいって考えなんですかね。

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
長谷川健太監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 21:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本 2-3 モンテ

11月10日(日)に行われた第40節アウェイ松本戦。

リーグの日程が発表された当初、「今年も松本行こうね!」なんて言っていたのが懐かしい。この季節、この成績でツンドラ地帯に参上する根性を、我々は持ち合わせていませんでした。

相手GKに先制点を奪われたり、西河がハンド(イエロー2枚目)で退場になったり、剛志がJ初ゴールをあげたり、バズが壁と壁の間を通す素晴らしいFKを決めたり、相手のハンドで得たPKを剛志が志願して決めたり。ダイジェスト動画必見の試合です。

敵将・反町監督のコメントから一部抜粋します:

今日はレフェリーへの文句は一切言いません。お互いに持てる力、持ち味を出したゲームだったかなと感じております。そうした意味では、もう一歩だったかなと思っていますけど、こういう天候でボールが濡れていると、技量の差がそのままゲームの差になるということは良くあります。少し踏み切れなかったかなと思います。残念ながら勝点ゼロでしたけれどもまだ2試合ありますので、もう一度仕切り直しをして勝点6を取りに行きたいと思っています。まあ負けましたけれども非常に気持ちの入った良いゲームだったかなと思います。そう思わないと夜眠れないので(苦笑)


スタメン:
林 中島
伊東 秋葉 ロメロ 宮阪
中村 ジュヨン 西河 ボムヨン
常澤


得失点経過:
18分: [松本] 村山
73分: [モンテ] 大久保
79分: [モンテ] 宮阪
80分: [松本] 長沢
95分: [モンテ] 大久保 (PK)

交代:
55分: ボムヨンout/山崎in
69分: 林out/大久保in
77分: 伊東out/石川in

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
反町康治監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 20:31| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンテ 2-2 岐阜

11月3日(日・祝)に行われた第39節ホーム岐阜戦。

決定力不足と、いつものパターンによる失点で、21位の相手にまさかのドロー。山新が「かすむプレーオフ」と書いたように、「ほぼ確実に昇格は無理!」となってしまった一戦でした。

思えばこの日は妹の誕生日。その妹が捨て鉢に言うのです。「モンテは毎年、私に負のプレゼントしかよこさない!(怒)」

確かに昨季の11月4日(アウェイ大分戦)は:

プレーオフ進出の6位以上が不可能となり、モンテディオの「1年でのJ1復帰」の可能性は完全に断たれた。[モンテ公式ページ戦評より]


そんな日なのでした。妹よ、来年こそはモンテとともに喜べる誕生日にしようね...

スタメン:
山崎 中島
伊東 秋葉 ロメロ 宮阪
中村 堀之内 西河 ボムヨン
常澤


得失点経過:
35分: [岐阜] 染矢
40分: [モンテ] 山崎
50分: [モンテ] オウンゴール
65分: [岐阜] スティッペ

交代:
57分: 伊東out/林in
78分: ボムヨンout/石川in
85分: 山崎out/萬代in

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトギャラリー@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
辛島啓珠監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 20:06| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンテ 3-0 愛媛

10月27日(日)に行われた第38節ホーム愛媛戦。

Rushによりますと、実に公式戦25試合ぶりの完封勝利だそうです!

スタメン:
山崎 中島
伊東 秋葉 堀之内 宮阪
中村 ジュヨン 西河 ボムヨン
常澤


得失点経過:
12分: [モンテ] 山崎
47分: [モンテ] 宮阪
88分: [モンテ] ロメロ

交代:
61分: 伊東out/林in
79分: 山崎out/ロメロin
90分: ボムヨンout/石井in

前節の札幌戦で負傷退場したロメロ。その後、クラブからは全治3週間の見込みと発表されました。しかし、この日のサブにはロメロの名前が。しかも、ざきさんに代わって途中出場。さらに、得点まで!驚きました。でも、円さんによるJ2日記によると、珍しいことでもないのだそうです。

そして、バズのゴールも嬉しかったです。以下のコメントは、Rushからの抜粋です:

(得点シーンは)裕希さんが顔を上げたタイミングで自分も入っていけましたし、ちょうどボールが来て良かったです。当てるだけと思って蹴って、うまく当てられたと思います。札幌戦の悔しさというのもありますし、試合に出ることの喜びをまたあらためて感じられました。そういう中で結果も出て、個人的にも良かったです。(後略)


バズの契約更新は既に発表されていて、私たちサポをほっとさせてくれました。来季は毎試合スタメンで見たいです。

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトギャラリー@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
石丸清隆監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
posted by nmf at 19:30| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌 3-1 モンテ

クラブからは早くも2014キックオフイベント(ゲストに岡ちゃんが来るそうです)が告知されましたが、私のブログはまだ第36節で止まっています。本当にダメな私。でも、大掃除、太鼓の打ち納め、仕事納め、年賀状、数々の忘年会...すべてを終わらせた今、もう一度やる気を出して、絶対に年内に終わらせようと心に決めました!

まずは、10月20日(日)に行われた第37節アウェイ札幌戦。

スタメン:
中島 林
秋葉 ロメロ 堀之内 伊東
中村 ジュヨン 西河 山田
常澤


得失点経過:
25分: [札幌] 日高
37分: [モンテ] 秋葉
61分: [札幌] 砂川
65分: [札幌] 内村

交代:
64分: 山田out/宮阪in
68分: 林out/山崎in
77分: ロメロout/廣瀬in

勝のゴールがお見事だった反面、トッキーがとても残念だった試合。

1―1で迎えた後半16分。札幌の右サイドからの直接FK。GK常沢聡がパンチングではじいたものの、ボールはそのままゴールネットに吸い込まれる。常沢は「結果論だが、手のひらでクリアした方が良かった」と悔いた。3失点目は同20分。リードを許し浮き足立った直後だ。味方のDFにボールをつなごうとした常沢がプレスを仕掛ける相手選手をかわせず、切り返したところを簡単に奪われ失点。「状況判断が遅れてしまった。もっと安全策を選ぶべきだった」(常沢)


11月初旬にNHK【ニュースウォッチナイン】で、札幌のアジア戦略について放送されていたのを偶然見たのですが、この試合がばっちり使われていました。なんでも、レコンビンの故郷ベトナムから、旅行会社等ビジネスにつながる人たちが多数視察に来ていたのがこの試合だったそうで。札幌の集客に一役買ってしまいました。。でも、アジア戦略はJリーグ全体にとっても重要なことなので、良しとすることにします。そうでもしないと悔しくて...

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
財前恵一監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
採点・布陣@サッカーマガジン
posted by nmf at 19:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

2013.12.09のウェブログ〜おめでとう、徳島〜

唐突ですが、ブログとは:

ブログ(blog)は、狭義にはWorld Wide Web上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイトの一種である。「WebをLogする」という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになった。[wikipediaより]


ということで、本日(日付が変わって既に昨日ですが)読んで印象に残ったウェブをログしておきたいと思います。

※モンテの今季の記事をアップしている途中に、徳島カットイン、すみません。だって感動したんすもん。

育てる徳島、成長でつかんだJ1昇格 前半戦15位から驚異の巻き返し

長さん(徳島・長島裕明コーチ)の目線を知ることができる貴重な記事だと思います。

プレーオフ決勝戦を見ていて一番感心した場面、後半の立ち上がりの秘話が明かされていました。これを読んで、感心が感動に変わりました:

逆に、京都は余裕がなくなった。機があるとすれば、後半開始早々の時間帯だったが、ここも徳島は分かっていた。長島コーチは「僕や伸二さん(小林伸二監督)が何か言う前から、『立ち上がり15分だぞ! 分かってんな!』という声が選手から出ていた」と言う。徳島は後半早々から強烈なプレッシングと、そこからの反転攻勢を連発。京都の勝機を削り取った。


この試合で徳島の選手たちに一番魅せられたのは、数少ないチャンスをモノにした得点シーンではなく、2-0で折り返した後半の立ち上がりでした。スコアが動いたわけでもなく、スタッツやダイジェストからは絶対にわかりえない醍醐味がこの15分にありました。よくぞその部分を切り取ってくれました!というのが上記抜粋部分です。

他にも、興行という観点からのプレーオフに対する言及があったり、育成(年代指導)出身の指導者である伸二さん(徳島・小林伸二監督)・長さんについて書かれていて、たまたまだけど読んで本当によかったと思える記事でした。

そしてもう一つ、大杉漣さんのブログが最高でした:

さあ漣さん!急いで国立へ!健闘を!!

大杉漣さんとは2006年ドイツW杯の時にニュルンベルクでお会いしたことがあります。(そのときの様子はこちら)とても気さくで、サッカーを愛する同志として勝手に好きになっていましたが、このエントリを読んでますます好感持っちゃいました。

徳島のゴール裏は、大勢のサポーターで埋め尽くされていました。あちこちで聞き慣れた徳島弁が飛び交っています。


想像に難くないこの情景。方角が北でも南でも、東でも西でも同じなんですね。共感しまくりです。
posted by nmf at 01:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[天] 浦和 2-3 モンテ

10/16(水)天皇杯3回戦。久しぶりの駒場に行ってきました!

131016_1748~0001.jpg

スタメン:
林 中島
伊東 秋葉 ロメロ 宮阪
石川 ジュヨン 西河 キム
常澤


前節の横浜FC戦から、ボランチ(堀之内→秋葉)右SH(山崎→宮阪)左SB(中村→石川)右SB(山田→キム)の4人を入れ替えた布陣。

浦和は、一つ前の試合(ナビスコ杯)から11人を総入れ替え。さすが、3冠を狙っているチームは層が厚いです。

試合前のピッチには、随分と長い時間、水が撒かれていました:

131016_1805~0001.jpg

この日の試合はNHK-BSで生中継されていましたので、キックオフ前に、浦和在住のTちゃん、そこから巣立った現・FC東京サポのMちゃんに「見てね〜」なんてメールしていました。そんな余裕っぷり(楽しむ感じ)が勝利を引き寄せるのかもしれません!

得失点経過:
39分: [モンテ] 伊東
41分: [浦和] 阪野
67分: [モンテ] 宮阪
76分: [浦和] 邦本
79分: [モンテ] ロメロ

交代:
73分: 林out/山崎in
86分: 伊東out/萬代in
92分: 中島out/堀之内in

先制して、追いつかれて、突き放して、追いつかれて、もう一度突き放して。最後まで全員で走りきったモンテが勝ちました!!

たくましい、気迫を感じるゲームでした。

スタメン総入れ替えとは言え、カテゴリーが上のチーム。しかも浦和。これまで出番の少なかった選手が場を与えられて躍動する姿は、本当に見ていて楽しいです。

久しぶりのブルイズに気を良くした私たちは、道があやふやながらも浦和駅まで歩いていくことに決め、途中の信号待ちで喜びの写メを送信。Mちゃんに「駒場から浦和駅まで結構距離ありますよ。風邪をひかないようにね」と心配されちゃいましたが、歩いてる途中に浦和サポさんから「おめでとうございます」と握手を求められ、浦和駅までおしゃべりしながら連れてきてもらいました♪

彼は、中2日でリーグ鹿島戦があるため、ベスメンを組まないにしても、あれは変えすぎだろうと愚痴ってました。

負けた直後で弱気になっているのか、それとも元々ネガティブなのかわかりませんが、リーグももうダメだ的なことを言うので、少し励ましたら、

「アウェイ仙台戦(11/10)が日曜の19時キックオフなんですよ、この季節に…」

とかって文句たらたら言い出す始末。さすがにちょっとイラっと来て

「仙台なんかそんなに寒くないですよ。関東とおんなじくらいです!」

って言おうとしたら、かぶるように

「しかも宮スタなんですよ。帰ってこれないですよ。嫌がらせですかね?」

と。瞬時に、

「あっ、それは嫌がらせですね。(だって浦和だし)」

って言っちゃいました♪

ところで、NHK-BSに僕たち映ったそうです。笑

前の席にいたおじさんがハーフタイムに、「応援頑張ってるから」と、チョコと飴をくれました。「ありがとうございま〜す」なんて和気藹々してたら、おじさんの連れのおじさんの携帯に電話が来て、「いまテレビさうづったっけど!」って。しばしキャッキャしてました。

やっぱりいいですね。故郷のチームのゴール裏は。

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
ペトロヴィッチ監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
posted by nmf at 00:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

横浜FC 1-1 モンテ

10/6(日)アウェイ横浜FC戦。久しぶりの生観戦。西が丘に行ってきました。

131006_1335~0001.jpg

スタメン:
林 中島
伊東 堀之内 ロメロ 山崎
中村 ジュヨン 西河 山田
常澤


交代:
62分: 伊東out/大久保in
75分: 林out/宮阪in
84分: 山田out/萬代in

得失点経過:
60分: [横浜FC] 武岡 (PK)
92分: [モンテ] 中島

前半はモンテペースでしたが得点できず、0-0で折り返し。後半、カズに代わって出てきた武岡にPKで先制されましたが、ロスタイムにナカシのゴールで追いつき、1-1のドロー。PO圏内までの勝ち点差が6に開きました。

勝てなくて悔しかったのですが、やっぱり生で見るのはいいなと思いました。ナカシのゴールを間近で見れて、すっごい迫力だったし、サポの盛り上がりも最高でした。やっぱり専スタはいいですね。この近さで隔週ホームゲームを見れるなら、絶対、もっとスタジアムに足を運ぶ人が増えると思います。

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
奥野僚右監督記者会見コメント@J's Goal
山口素弘監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
ハイライト動画@モンテディオチャンネル
採点・布陣@サッカーマガジン
posted by nmf at 20:51| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする