2015年05月16日

第24節 千葉 2-0 モンテ [2014.07.30]

横浜在住のため、関東で行われるアウェイ戦は皆勤賞を狙っている我々。その前に立ちはだかった平日開催のアウェイ千葉戦。日程が発表されたとき、恨みましたね。三ツ沢(横浜FC)にしてくれよと。我々が現地応援できなかったせいかもしれません。2-0で3連敗となってしまいました。

今回も愛読誌Rushから…と思いましたが、アウェイ戦は基本的に載っていないのです。なので、2014年9月号の「ただいまラジオ収録中。」から竜さんの素敵エピソードをお送りします。

ところで、札幌戦の告知のためにモンテディオチャンネルで公開された石川選手のメッセージ映像はご覧になりましたか?その中に「自分を将棋の駒に例えると?」という、将棋コラボイベントに因んだ質問がありました。これに対し、石川選手は「角かな、と思います。遠くまで視野を持ってボールを蹴るのが武器なので」と答えています。斜めにいくらでも進める角は石川選手の精度の高いロングキックを彷彿させる駒。さては将棋に詳しい?この日の収録後に聞いてみたところ、「小学生の頃に父親の相手をさせられていたので、強くはないけど指せます。真剣にやると時間がかかるから今はやらないですけど」とのことでした。石川選手なら、将棋盤に向かって長考する姿も絵になりそうですね。


最後の一文に激しく同意いたします。

<スタメン>
中島
比嘉 ディエゴ 秋葉
宮阪 松岡
石川 石井 當間 山田
山岸


<交代>
57分: 中島out/ロメロin
67分: 比嘉out/伊東in
80分: 松岡out/萬代in

<得失点経過>
13分: キム [千葉]
91分: 大塚 [千葉]

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
石崎信弘監督記者会見コメント@J's Goal
関塚隆監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
posted by nmf at 19:43| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第23節 モンテ 1-2 群馬 [2014.07.26]

続いては、ホーム群馬戦。2012シーズンに山形に在籍した永田亮太に恩返し弾を食らい、直後にバズのFKにナカシが頭で合わせて同点とするも、その後のチャンスを決めきれず、逆に勝ち越し弾を許す結果。気温35.3度のなか集まったサポは、このシーズン初の連敗(しかもホーム2連戦で)を見せられてしまったのでした。

今回も愛読誌RushのTurning Pointから、最初の失点シーンを振り返りたいと思います。

1失点目はディエゴがGKまでボールを追いかけたところから始まっている。その後、左サイドで伊東と松岡がプレスを外されて中盤の人数が足りなくなり、逆サイドにもスペースができている。相手に一気にゴール前に運ばれて人数をかけられ、最終的にゴール前でも人数が足りなくなって押し込まれた。
スペースが空いたのはボールを奪いきれなかっただけでなく、プレスに行った段階で後方でのDFラインが上げきれておらず、全体が間延びしたのも原因だ。全体がコンパクトな時は中盤の段階でボールにしっかりと寄せられたり、逆サイドでももっとボールに寄せられるのだが、この場面ではそれができなかった。
前線、中盤、逆サイドのどこかで止められれば防げた失点。DFラインのコントロールに失敗すればこうも自由に運ばれてしまうのだ。


ここまで書いて、この日のDFラインを確認してみてびっくり。前節のチャンに代わって山田が右SBでスタメン入り。當間がジュヨンとCBを組んだのですね。

<スタメン>
中島
伊東 ディエゴ 秋葉
松岡 宮阪
石川 當間 ジュヨン 山田
山岸


<交代>
70分: 伊東out/比嘉in
82分: 松岡out/ロメロin
85分: 秋葉out/山崎in

<得失点経過>
55分: 永田 [群馬]
59分: 中島
77分: エデル [群馬]

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
石崎信弘監督記者会見コメント@J's Goal
秋葉忠宏監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
posted by nmf at 19:08| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第22節 モンテ 1-2 北九州 [2014.07.20]

今日の試合(アウェイ甲府戦)は今季ワーストの内容だったのではないでしょうか。前節3-0で柏に快勝したあとの、最下位甲府に0-2という結果。弓道で一番やってはいけない「かいちゅう・かいぱ」を思い出しました。

さて、性懲りもなく昨季の記録を続けます。

ホーム北九州戦は、竜さんのゴールで先制するも、2失点で逆転負け。結果を悲観してもつまらないので、当時のRush(2014年8月号)に掲載された越智くんによる得点シーンの解説を掲載したいと思います。

このシーンでの注目ポイントはまず、守備意識の高い宮阪と當間が相手の攻撃の起点となるFWからボールを奪ったところから始まる。一旦は足元に通されたものの、後ろから宮阪が蓋をし、前方からはプレスバックした當間が挟み込む。そして奪ったボールはシンプルに良い状態の選手に預ける。そうしたことで、秋葉が良い視野と判断を持つことができ、可能性のあるパスをゴール前へ送ることができた。また、長い距離を走り、伊東の背後まで入っていったディエゴのランニングも評価したい。松岡の視野の広さと石川のシュート技術は語るまでもないだろう。


<スタメン>
中島
伊東 ディエゴ 秋葉
松岡 宮阪
石川 石井 ジュヨン 當間
山岸


<交代>
71分: 伊東out/萬代in
84分: 秋葉out/山崎in
86分: 松岡out/汰木in

<得失点経過>
19分: 石川
57分: 渡 [北九州]
79分: 池元 [北九州]

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
石崎信弘監督記者会見コメント@J's Goal
柱谷幸一監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
posted by nmf at 18:38| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする