2015年05月16日

第22節 モンテ 1-2 北九州 [2014.07.20]

今日の試合(アウェイ甲府戦)は今季ワーストの内容だったのではないでしょうか。前節3-0で柏に快勝したあとの、最下位甲府に0-2という結果。弓道で一番やってはいけない「かいちゅう・かいぱ」を思い出しました。

さて、性懲りもなく昨季の記録を続けます。

ホーム北九州戦は、竜さんのゴールで先制するも、2失点で逆転負け。結果を悲観してもつまらないので、当時のRush(2014年8月号)に掲載された越智くんによる得点シーンの解説を掲載したいと思います。

このシーンでの注目ポイントはまず、守備意識の高い宮阪と當間が相手の攻撃の起点となるFWからボールを奪ったところから始まる。一旦は足元に通されたものの、後ろから宮阪が蓋をし、前方からはプレスバックした當間が挟み込む。そして奪ったボールはシンプルに良い状態の選手に預ける。そうしたことで、秋葉が良い視野と判断を持つことができ、可能性のあるパスをゴール前へ送ることができた。また、長い距離を走り、伊東の背後まで入っていったディエゴのランニングも評価したい。松岡の視野の広さと石川のシュート技術は語るまでもないだろう。


<スタメン>
中島
伊東 ディエゴ 秋葉
松岡 宮阪
石川 石井 ジュヨン 當間
山岸


<交代>
71分: 伊東out/萬代in
84分: 秋葉out/山崎in
86分: 松岡out/汰木in

<得失点経過>
19分: 石川
57分: 渡 [北九州]
79分: 池元 [北九州]

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
石崎信弘監督記者会見コメント@J's Goal
柱谷幸一監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
posted by nmf at 18:38| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック