2016年03月13日

蹴球一徹

ご無沙汰しております。

2016シーズンが始まり、すでに2節が終了して、1敗(vs.北九州)1分け(vs.愛媛)のモンテディオです。第3節の徳島戦キックオフまで1時間を切りました。雪国チームの試練"開幕からのアウェイ3連戦"の最後を勝ってホームに戻ってほしいですね。

【蹴球一徹】を読みました。

反町康治監督(松本)、小林伸二監督(清水)、石ア信弘監督(山形)について、これまでに率いてきたクラブの番記者の方々が書いた本です。

モンテファンとしては必読ですよね。私の場合、読む順番は、@小林監督、A石ア監督、B反町監督でした。やっぱり佐藤円さんが書いている文章を読みたくて、小林監督の章を先に開いてしまいました。ノブリン、ごめんなさい。でも、どの章もとっても面白かったですよ。小林監督も石ア監督もますます好きになりました。反町監督については、試合後の会見コメントを読むのが好きな監督の一人ですが、本人が発する言葉からではなく、外からどう見えているのかがわかって、ちょっと、否、だいぶ好きになりましたね。←敵将なので小さい声(フォント)で言いました。

円さんが、
記者会見や毎日のように行っていた囲み取材の音源はほぼすべてストックしている。なかなか生かせずにいたその音源を、今回わずかだが世に出せたのはうれしかった。
とあとがきに書いています。私も、こういうのが読めてうれしかったです。

posted by nmf at 12:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック