2014年04月06日

第5節 モンテ 0-0 水戸 [2014.03.30]

降り続く雨でピッチは芝生よりも水たまりの面積のほうが大きく、パスもドリブルも、もう普通のサッカーはできないようなグランドコンディション。

スタメンは前節から3人入れ替え:
萬代→川西
舩津→石川
秋葉→ロメロ

ロメロはコーンロウからラバーロウに変身してました♪

インタビューで印象に残ったのは、水戸のGK本間のコメント:
それでもまだ経験の少ない選手が多いので、相手が来てないのに簡単にクリアしてしまったり、しっかり胸トラップで浮かしたボールを相手の裏に蹴ったりとか、そういう技術というのは山形のほうが高かった。今日はサッカーにならなかったと言ってビデオも見ないで何も反省しないのはよくないと思うので、もっともっといろんなことを吸収していったりとか、新しいチームなのでレベルアップしていければと思います。


JFL時代の水戸を知る唯一の選手。いつものサッカーができない中、チャンスを作り続けたモンテですが、ディエゴ、ジュヨン、ロメロによる枠内シュートは、いずれも本間の危なげないセービングで防がれました。さすがです。

<スタメン>
川西
伊東 ディエゴ 中島
ロメロ 宮阪
石川 當間 ジュヨン 山田
清水


<交代>
78分: 川西out/萬代in
82分: 中島out/山崎in

<得失点経過>
なし

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
石崎信弘監督記者会見コメント@J's Goal
柱谷哲二監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
posted by nmf at 14:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

モンテHPリニューアル

モンテの公式ページがリニューアルされました。

旧URL ( http://www.montedio.or.jp/index.htm ) にアクセスすると、以下のような案内が出ます:

モンテディオ山形ホームページは montedioyamagata.jp にドメインが変更となりました
モンテディオ山形ホームページは4月1日より
http://www.montedioyamagata.jp/
にドメインが変更となりました。
(4月1日より、試験的にプレビューリリースとして公開しております)

モンテディオ山形アカデミー事業、女子駅伝事業などについては
「公益社団法人山形県スポーツ振興21世紀協会」のホームページとして、
下記ドメインにて引き続き紹介いたしております。
http://www.montedio.or.jp/

引き続き、モンテディオ山形の各事業をご愛顧頂けますよう
何卒よろしくお願いいたします。


まだざっとしか見ていませんが、昨季以前のゲームレポートがなくなってしまったようです。たとえば2013年の最終節・東京戦のURL:
http://www.montedio.or.jp/games/gamereport/j2/2013j42.html
→ページが見つかりません。

これを無理矢理、新URLのフォーマットにならって:
http://www.montedioyamagata.jp/match/2013/j2/42.html
→ページが見つかりません。

困る!!

「試験的にプレビューリリースとして公開」とのことなので、復活することを切に願います。
posted by nmf at 00:13| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

第4節 横浜 2-1 モンテ [2014.03.22]

今季2試合目の生観戦。アウェイゴール側にはたいしたスタジアムグルメがなさそうだったので、近所の炒飯が美味しい中華料理屋でお昼ご飯を食べてから、三ツ沢に向かいました。

140322_1358~0001.jpg

雨は降りませんでしたが風が冷たく、身体が冷えました。

140322_1514~0001.jpg

試合開始時刻になると、いつもと逆で、前半に味方がこちらに攻めてくる様子。キックオフはモンテ。よって、横浜FCが場所を選んだようです。風はそれほど強くなかったように思うのですが、どんな意図があったのでしょう?

140322_1603~0001.jpg

先制点献上は不用意なファウルから。相手に突破された船津がPA内で手で止めに行ってしまいました。

同点弾は右サイドに開いた勝からの絶妙なクロスを、なかしがどんぴしゃヘッド!

勝ち越され弾は途中出場の黒津。當間、ジュヨンの両CBとも左右に振りきられ、山形サポの目の前で鮮やかに決められてしまいました。インタビューを読むと、左利きで持ち変えるからと、監督は注意していたそうです。(黒津は川崎時代の教え子)ジュヨンには言葉の壁で伝わらなかったか?とのこと。そんな...それを言ったら何のために通訳がいるの?ってことになっちゃいますよね。

しかも、この失点の起点となったのはディエゴのノールックパスを相手DFドウグラスが狙っていて、インターセプトしたものだそうです。横浜のスカウティング、ナイス。

ナイスと言えば南。ナイスセーブされまくりでした...

しかし、三ツ沢はやっぱり良いですね。ピッチが近くて臨場感抜群です!

その近さのおかげで、この日は2つのずきゅんポイントがありました。その@は當間。後半、相手のコーナーキックになりかけたボールをあきらめずに追いかけてスローインにした場面。目の前で見た我々は、思わず「かっこいい」と声に出し、見合ってしまいました。

ずきゅんポイントそのAは勝。ロメロとの交代時、バックスタンド側からピッチを出て、モンテサポの前を歩いてベンチに戻っていきました。そのときの、ユニを脱いだアンダーシャツ姿が「わお!」でした。胸筋、腹筋がくっきり〜

…ということで、負けた試合なのにこんなにミーハーな気分で帰ってこられるのは、まさに専スタによりもたらされる良い効果だと思います!山形にも専スタがあれば、もっとファンが増えるはず!!

ファンと言えば、関東のアウェイゲームには、我々同様、故郷が山形で関東在住の人が多くやってきます。この日、我々の後ろに座っていたおじいさんに、モンテグッズ(タオマフ)をどこで買えるのか聞かれました。年齢的に通じるかな?と思いつつ、「インターネットで買えますよ〜」と言ってみたのですが、案の定、あまりぴんときていない様子だったので、ホームゲームなら売店が出ていること、山形の街中なら、七日町に常設のショップがあることを伝えました。なかなか山形までは行けないかな〜と思いつつ。

前に、確か等々力だったと思うのですが、モンテグッズの売店が出ていたことがありました。あれは、モンテスのふわふわを連れてこられるくらいフロンターレとモンテが良い関係だからできることなのかも知れませんが、他のチームとの間でもできればいいのにな〜、そうしたら、このおじいちゃんを案内できるのに、と思いました。

<スタメン>
萬代
伊東 ディエゴ 中島
秋葉 宮阪
舩津 當間 ジュヨン 山田
清水


<交代>
76分: 伊東out/山崎in
79分: 萬代out/川西in
81分: 秋葉out/ロメロin

<得失点経過>
27分: 小野瀬(PK) [横浜]
62分: 中島 [モンテ]
70分: 黒津 [横浜]

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
石崎信弘監督記者会見コメント@J's Goal
山口素弘監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞
posted by nmf at 14:54| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

第3節 モンテ 3-1 岐阜 [2014.03.16]

雨のホーム開幕戦は3-1で勝利しました!
負け、分け、勝ち。と一歩ずつ前進してます。
内容的にもだんだん良くなってきてると思います。
「あ、今季はこういうことをやってこうとしてるんだな」ってことが、見ててだいぶわかるようになってきました。
明日の横浜FC戦は無失点で勝ちたいです!

<スタメン>
萬代
伊東 ディエゴ 中島
秋葉 宮阪
舩津 當間 ジュヨン 山田
清水


<交代>
92分: 伊東out/山崎in

<得失点経過>
25分: 伊東 [モンテ]
71分: 萬代 [モンテ]
72分: 難波 [岐阜]
75分: ディエゴ [モンテ]

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
フォトレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
石崎信弘監督記者会見コメント@J's Goal
ラモス瑠偉監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞


posted by nmf at 10:48| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LIFE!

映画【LIFE!】を観ました。

久しぶりの洋画。読んでいる雑誌に、デヴィッド・ボウイの【スペース・オディティ】が使われていると紹介されていたので、公開初日に行ってきました。

すごく良かったです!

原題は【The Secret Life of Walter Mitty】

写真雑誌【LIFE】のネガ管理係として働くウォルター(ベン・スティラー)は、まじめな性格だが、空想癖あり。社内にいる気になる女性シェリル(クリステン・ウィグ)にも、妄想の中でしか声をかけられない。時代がアナログからデジタルへと変わる中、紙媒体【LIFE】の廃刊が決まる。「最終号の表紙に」と託されたネガが無いことに気づき、冒険家兼写真家(ショーン・ペン)を追ってグリーンランドに旅立つ。

もう一回観に行くか、DVD買っちゃいそうなくらい気に入りました。笑えて、ジーンときて、スカッとする映画。オススメです!


posted by nmf at 10:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

第2節 札幌 1-1 モンテ [2014.03.09]

アウェイながら主導権を握り、攻め続けたのはモンテでした。多くのチャンスがありましたが、決めきれず、1-1のドロー。うーん…でも、今季の萬代はいい感じです!

<スタメン>
萬代
伊東 ディエゴ 中島
秋葉 宮阪
舩津 當間 ジュヨン 山田
清水


<交代>
63分: 舩津out/石川in
67分: 伊東out/山崎in
75分: 秋葉out/ボムヨンin

<得失点経過>
20分: 前田 [札幌]
39分: ディエゴ [モンテ]

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
石崎信弘監督記者会見コメント@J's Goal
財前恵一監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞



P.S.
第1節で退場し、第2節は出場停止だったロメロが、コーンロウにしてました!かっこいい☆
posted by nmf at 16:01| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

第1節 湘南 1-0 モンテ [2014.03.02]

先週の日曜日、J2が開幕しました!

我々の2014年の初陣は、冷たい雨の平塚。16:00キックオフ。2時間前から動き出すシャトルバスの第1便でBMWスタに向かう予定でしたが、この天気じゃフードパークも楽しめないだろうし、ってことで、駅ビルの中にある素敵なカフェ(その名も【たまカフェ】)にて、しばし休憩。ベルマーレカラーにラッピングされた神奈中バスを見下ろしながら(30分くらいで5台見送ったので約7分間隔で運行しているようです)、買ったばかりの選手名鑑を読みつつ、おあまをいただきました:

140302_1407~0001.jpg

140302_1408~0001.jpg

結果は0-1で惜敗。

しかし、この日は試合内容をどうこうよりも、書いておかなければいけないことがあります。

雨も風も強くて、やる側も見る側も大変だったのですが、その強風のせいもあったでしょう。湘南GKのゴールキックが何度もサイドラインを割ってしまいました。

そのたびに、背後のモンテサポから、冷やかすような奇声があがりました。調子づいて何度も、どんどんエスカレートしていきました。

私は恥ずかしかったし、情けなかったし、悲しかったです。

大好きなモンテの応援に行って、まさか身内からこんな思いをさせられるとは思いませんでした。ああいう人たちと一緒にいたくないなと思いました。っていうか、来んなよ、スタジアムに。と思いました。

...という沈んだ気持ちなので、試合後のインタビュー等はあまりちゃんと見ていません。

明日はスタジアムにいる選手もサポもファンもスタッフも、みんなが気持ちよく楽しめる試合になるといいです。勝敗(に対する一喜一憂)なんて、その次にあるものだと思います。

<スタメン>
萬代
山崎 ディエゴ 中島
ロメロ 宮阪
舩津 當間 ジュヨン 山田
清水


<交代>
63分: 山崎out/伊東in
74分: 萬代out/汰木in
85分: 中島out/川西in

<得失点経過>
20分: ウェリントン [湘南]

<リンク>
ゲームレポート@モンテディオ山形オフィシャルウェブサイト
ゲームレポート@J's Goal
石崎信弘監督記者会見コメント@J's Goal
曹貴裁監督記者会見コメント@J's Goal
各選手コメント@J's Goal
戦評@山形新聞


posted by nmf at 19:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年に観た映画

いまさら?!

はい。すみません。

昨夜、テレビをつけたらちょうど第37回 日本アカデミー賞をやっていて、各最優秀賞に:

助演男優賞=超納得!
助演女優賞=う〜ん...
主演男優賞=ふむ。
主演女優賞=超納得!

などと勝手に思いながら見ていました。ま、納得いかないのはノミネートの時点でそうなんですけどね。個人的には、毎年観に行っているヨコハマ映画祭や、ブルーリボン賞のほうが感覚が近いなと思います。

そして、ずいぶん映画のこと書いていないな〜と思い、財布に入れっぱなしの半券を並べてみたら、昨年の一年間でたったの9本でした。しかも、すべて邦画!

140308_1705~0001.jpg

* みなさん、さようなら
* 横道世之介
* 舟を編む
* さよなら渓谷
* キャプテンハーロック
* 風立ちぬ
* そして父になる
* ルームメイト
* 武士の献立

限られた時間で、なかなか良い作品を観れたんじゃないの、と思います。マイベスト3を選ぶなら:

1. 横道世之介
2. みなさん、さようなら
3. ルームメイト

ですね。やっぱり私は心があたたまるような映画が好きみたいです。それなのにルームメイト?!と思うかもしれませんが、これは非常に怖くて夜一人で観に来たことをとても後悔したのですが、「食わず嫌いはいけないな」と思わされた映画でした。いつもは観ないジャンルにも挑戦は必要ですね。

それと、エンディングや主題歌に好きなアーティストが使われていると観に行っちゃいますね。ワンオク(キャプテンハーロック)とか。アジカン(世之介)もエレカシ(みなさん、さようなら)も林檎(さよなら渓谷(唄は真木よう子))も、良かったです。

















さて、今年は何本観れるかな?見逃した映画のレンタル鑑賞も頑張りたいです!
posted by nmf at 18:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

湯河原その参〜小田原編〜

久亭を10時にチェックアウト。駅のすぐそばにある干物やさん【八角】にて、アジ・カマス・塩サバ・サバみりんを買って実家に送りました。前に来たときにふらっと立ち寄ったお店なのですが、実家での評判がすごく良かったので、今回もお土産はここでと決めていました。レシートをよく見てみると【高級ひもの専門店】と謳っています。なるほど。これで美味しくなかったら洒落になりませんものね。ちなみに、湯河原町商工会のページによると、【はっかく】ではなく【はちかど】と読むようです。

東海道本線で小田原へ。

目的は鈴廣のかまぼこ博物館かまぼこ・ちくわ手づくり体験教室を事前にネット予約していたのでした。その集合時間は13:15。博物館のある鈴廣かまぼこの里は箱根登山線で2駅(7分)。

結構時間があるので、小田原城に行ってみました。駅からすぐ見えるのに、歩いてみると意外に距離がありました。荷物を駅のコインロッカーに預ければよかったと、ちょっと後悔。

この日も寒かったのですが、お城の敷地内には、もう梅が咲いていました:

140119_1109~0001.jpg

140119_1109~0002.jpg

天守閣まで登りましたが、写真を撮り忘れました。海側がキラキラしていて遠くまで見渡せて、とても綺麗でした。逆に山側は日当たりが悪かったせいもあるのか、つい近くを見てしまい、高さがずばり感じられて怖かったです。

そして、予定通りの電車(小田原発12:46〜風祭着12:53)で移動。降り立った風祭駅は鈴廣に直結していました!驚

着いてすぐ、体験の受付をしたところ、受付番号が1番と2番でした!後からわかることなのですが、かまぼこ・ちくわ作りのとき、先生のすぐ右隣の場所にアサインされました。その回の団体客の数にもよると思いますが、受付を早く済ませたほうが、先生のデモンストレーションを間近で見れる良い場所がゲットできるのかも知れません。とは言っても、体験に参加しているのはちびっことその親御さんが多いので、デモのときは先生と私たちの間にちびっこを呼び込み、先生をがっつり見るよう、誘導しました。

まずは、かまぼこ作り。エプロンとキャップをつけ、手を洗って、受付番号で指示された場所につきます。大きなまな板を囲んで他の参加者と向き合う形。私たちの対面はお母さんと娘さん。右隣はお兄ちゃんと妹ちゃん。その対面はお父さんと息子さん。先生の対面はおばあちゃんとお孫さん(女の子)という組み合わせでした。(他にも同じサイズのテーブルがいくつかあります。一回の定員は40名だそうです)

まな板にかまぼこ板とちくわの竹棒、ボールペン、包丁(かまぼこをペタペタする専用。切れない)が置かれています。かまぼこ板に名前と受付番号、竹棒に受付番号を書きます。

アイスクリームのディッシャーで、魚のすり身が一人に2個、まな板の上に配られます。そこから職人さんに教えてもらったとおりに作ります。



さらっと1行で書いてしまいましたが、これがだいぶ難しい!そして、面白い!

一番面白かったのは、右対面の男の子が、かまぼこ板の名前を書いたほうにすり身をくっつけて完成させてしまったこと!

親子で来ている方は、「ママとペアで参加し、パパが場外からムービーを撮る」というフォーメーションが多いようでしたが、この親子は逆で、パパと参加し、ママがムービー係でした。そのママが傑作で、場外から様子を見ていて、板裏返し事件に目ざとく気づき、近づいてきて、「○○(男の子の名前)、最高だよ!今日一のネタだよ!!」と、超ハイテンションでビデオを回していました。男の子はちょっと恥ずかしそうにしてたけど、もう笑わずにはいられませんでした。かわいかった〜

同じデモを見たはずなのに、それぞれ独特の形状に仕上がっていくかまぼこ。妹は、すり身を板に三角形にくっつけたところからかまぼこの形に整えていく工程がどうやっても出来ないらしく、「出来ない!」を連発。「大丈夫。いつでも直せますよ」と励ましてくれた職人さんは、他のテーブルに指導に行き、一巡したら戻ってきて助けてくれるのかと思いきや、「本当の仕事(売り物のかまぼこ作り)をやる時間になったので、さようなら〜」と、元いたところに帰って行ってしまいました。「あたしの三角、置き去り〜?!」と訴える妹。交代した先生(女性スタッフ)にもスルーされ、結局自力で仕上げることになりました。まあ、大人だから当たり前なんですけどね。(先生が手伝ってくれるのはちびっこにだけの模様)

出来上がったかまぼこを蒸す機械に入れてもらい、いったん手を洗って、元の位置に戻ります。

次はちくわ作り。今度はディッシャー1個分のすり身が各自に配られます。そこから先生に教えてもらったとおりに作ります。掛け声は「ぎごぎご、くるっ!ぎごぎご、くるっ!」



これもなかなか難しくて、だからこそ面白い!

かまぼこ・ちくわ、どちらの場合も、包丁についた余分なすり身を、都度まな板に戻して(こそげおとして)、包丁が綺麗な状態で成形するのがポイントみたいです。

出来上がったちくわを焼く機械にセットしてもらい、体験終了。

ちくわは焼きたてをその場で食べられます。焼きあがるまでの間、かまぼこ板絵ギャラリーを観賞:

140119_1436~0001.jpg

館内にアナウンスが流れ、ちくわの焼き上がり!

140119_1449~0001.jpg

左が私の、右が妹のちくわです。右の竹棒の上下に黒い模様があるのは、魚のすり身のお焦げです。余計なところにすり身をくっつけちゃうとこうなります。笑

形はどうあれ、焼きたてのちくわの、まあ〜美味いこと!ちくわがこんなに美味しいなんて驚きでした!!

そして、かまぼこの蒸しあがりまで、館内でかまぼこのお勉強。全国にいろんなかまぼこがあって、様々な種類の魚が使われていることがわかりました。特に、関西・四国・九州のかまぼこにはなじみがないので、いつか食べてみたいなと思いました。

蒸しあがったかまぼこは、かわいい箱に入れてくれます。それを自分たちのお土産にして、湯河原〜小田原の旅、終了。

家で開けてみて、じっくり観察:

140119_1838~0001.jpg
(左:私 右:妹)

140119_1839~0001.jpg
(左:私 右:妹)

140119_1848~0001.jpg
(左:妹 右:私)

形も違いますが、味(食感)も違いました。妹のはあらびきウィンナーみたいで、私のは絹ごし豆腐みたいな感じでした。

かまぼことちくわは同じすり身を使って作ったのですが、蒸すか焼くかでこんなに味が違うことにも驚きました。

低カロリー・高たんぱくのかまぼこ&ちくわ、最高☆

鈴廣の体験教室は、マジおすすめです!!

おまけ:
140119_1853~0001.jpg

久亭よりお土産にいただいたイカの塩辛。この日はかまぼごのわさび醤油と、大根おろし+塩辛をおつまみにビールをぐびぐび飲みました♪
posted by nmf at 18:32| 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

湯河原その弐〜朝食編〜

朝ご飯は8:30からにしてもらいました。8:00過ぎには準備に伺います、とのこと。

それまでの間に朝風呂へ!

男湯と女湯が昨夜21:00に入れ替えられ、露天風呂につながるほうのお風呂になっていました。(入れ替え時の10分間を除いて24時間入浴可)

寒い朝でしたが、せっかくだし、露天に行ってみたら!みかん湯になっていました!!真っ青な空とまぶしい朝日を見上げ、柑橘の良い匂いに包まれながら入る温泉。本当に気持ちよかったです♪

(後で仲居さんに【だいだい湯】と教えてもらいました。だいだいの中にレモンも1個混ざっていました。自家栽培のレモンだそうで、夕食のカニにも添えられていました)

そして、朝食!

140119_0831~0001.jpg

アジのひもの:
140119_0831~0002.jpg

塩辛・明太子・みそ汁:
140119_0832~0001.jpg

マグロ刺・とろろ・揚げだし豆腐:
140119_0832~0002.jpg

どれも美味しくて、おひつのご飯を全部たいらげました!この日は昼抜き決定です。笑

チェックアウトのとき、「2回目だから」と、お土産をいただきました。朝食に出てきたイカの塩辛でした。震災の影響か、私たちが小さい頃から親しんでいた小野万の塩辛をこの辺(鶴見)ではなかなか見つけることができず、さびしい思いをしていましたので、嬉しいプレゼントとなりました:

140119_1853~0001.jpg

そして、お宿の前で記念写真を撮ってもらい、帰りは駅まで車で送っていただきました。

朝食のご飯の炊き具合が柔らかかったことと、おかずとみそ汁の味付けが少ししょっぱかったことがちょっと残念でしたが、アジのひものが前回同様、最高に美味しくて、もちろん夕食も最高で、大満足の【久亭】でした!
posted by nmf at 20:48| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする